2017/02

映画「人生フルーツ」

監督 伏原健之 制作·配給 東海テレビ放送

 

建築家 津端修一さん90歳、奥様の英子さん87歳

自然と共生した生き方を描いたドキュメンタリー映画。

 

むかし、ある建築家がいいました。

家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。

 

高度成長期に日本住宅公団で都市計画に携わってきた修一さん。

自然と共生したニュータウンを目指すが、経済優先の時代はそれを許さず、

理想とかけ離れた現実になっていった。

 

あれから50年、現在、雑木林に囲まれた平屋の一軒家に

天井高の30畳のワンルームにご夫婦は生活している。

70種類の野菜と50種類の果物を育て、ほぼ自給自足の生活。

植物名のプレートに愛情こもった言葉が並ぶ。

ケーキやジャム、スープはもちろん、ベーコンまで自分で作り、

障子を張り替え、機織りをする。

「何度も繰り返し行うことで、見えてくるものがある」と英子さん。

 

風が吹けば、枯れ葉が落ちる。

枯れ葉が落ちれば、土地が肥える。

土地が肥えれば、果実が実る。

こつこつ、ゆっくり。

人生、フルーツ。

 

日々の生活をゆっくりと丁寧に生きる。

豊かさってこういうこと?

今を生きるってこういうこと?

観る人によって感想は違うかもしれませんが、ほっこりと小さな幸福感とともに涙も流れ落ちる。

そんな映画になってます。

 

東中野ポレポレにて上映中!!

かなりの混雑が予想されますので、すべて自由席で、予約はできませんので、

早目にチケットの購入をお勧めします。

自分を変える ほんの 小さなコツ

著者 野澤卓央

 

人にとっていちばん怖いのは、ありのままの自分を見ることなんだね。

 

多くの人は現実から目をそらす。

その勝手な理想を描き現実を直視しようとしない。

だけど、現実を受け入れないまま、理想を掲げたらどうなるか?

理想と現実のギャップに苦しみ続けることになるんだよ。

頭の中の理想の自分、完璧な自分をつくりあげ、

それこそが本当の自分なのだと思い込んでいる。

しかし、うまくいかない自分、完璧でない自分もすべて本当の自分なんだ。

「こういう自分であるべき」と理想を掲げ、そうなれない自分を責めるのではなく、

現況を肯定しありのままの自分をそのまま受け入れたとき、自分の本当の気持ち、

本当にしたいことがわかるようになる。

 

世の中には2つの学びがある。

それは、“知識の学び”と、“智慧の学び”

“知識の学び”は、すぐに効果がでるが、新しい

ノウハウが開発されるたびに何年経っても、何歳になっても、

永遠に学び続けなければいけない。

それに対して“智慧の学び”は、変わらない本質を見極める学び。

本質を見抜く力を養うので、大切なことが直感的に

わかるようになる。

この学びは、知識をつける学びより地道で時間がかかるが、

一度“智慧の学び”を身につけると、学んでいないことがなぜかわかったり

物事の本質が見え、答えが直感的に理解できるようになる。

映画「O(ゼロ」円キッチン」

監督 脚本 ダーヴィッド・グロス

 

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されてしまう。

捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させるために

監督のダービットがヨーロッパ5カ国(オーストリア、ドイツ、ベルギー、オランダ、フランス)を

回る旅に出るロードムービー。

 

食堂から車の燃料となる廃油を調達

スーパーで廃棄食材をゴミ箱から調達

町の中に自生する果物を調達

農家で規格外で市場にだせない食材を調達

一般家庭の冷蔵庫の賞味期限切れ食材を調達

海に捨てられる混獲魚を調達

 

これらの廃棄食材を使って町の中や議会食堂等でサルベージパーティを行う。

 

廃棄食材が、おいしい料理に変身していく姿に感動を覚えます。

どれだけの食材を自分が無駄にしているのか、意識を変えなくては!!

食材の廃棄は、命を無駄にしているということを深く心に刻む必要がありますね。

 

フードサルベージ代表でフードプロデューサーの平井巧氏による

トークショーもありました。

サルベージとは、「救い出す」という意味。

平井さんは、さまざまな職種の方を集め、持て余した食材を持ち寄り(救い出し)

美味しい料理に変身させるサルベージパーティーを行っているそうです。

こんな取り組みをしている人がいるのだ。

様々な「困った」から、大きな可能性が生まれる。

こんな素敵なで楽しいパーティがあるなんて知りませんでした。

是非一度参加してみたいなあと思ってます。

 

「0円キッチン」は、渋谷アップリンクで公開中!

聞くだけで心も体も痛みが消える ソルフェジオCDブック

著者 真印

 

身体の不調、病気の元凶は、エネルギー、気の流れが悪さにあり、

エネルギーが滞ると不調を発し、やがて本当に病気になってしまいます。

エネルギーを滞らせる原因は、「思い癖」にあり、癖は日々毎日繰り返すことで、

チャクラが詰まっていきます。

身体の細胞ひとつひとつには波動があります。しかし、それが傷ついて本来の波動からズレていても、正しい周波数と共鳴させることによって、日々生まれる細胞は正しい形となり、体は必ず修復されます。

ソルフェジオ周波数で波動を変えることで

DNAを修復し、本来備えていた自然治癒力、回復力を高める効果があるというのです。

 

ソルフェジオ周波数と効果

174Hz…..意識の拡大と進化の基礎

285Hz…..多次元領域からの意識の拡大と促進

396Hz…..罪、トラウマ、恐怖からの解放…..第一チャクラに対応

417Hz…..マイナスな状況からの回復、変容の促進…..第二チャクラに対応

528Hz…..理想への変容、奇跡、細胞・DNAの修復…..第三チャクラに対応

639Hz…..人とのつながり、関係の修復…..第四チャクラに対応

741Hz…..表現力の工場、問題解決…..第五チャクラに対応

852Hz…..直観力の覚醒、目覚め…..第六チャクラに対応

963Hz…..高次元、宇宙意識と繋がる…..第七チャクラに対応

 

CDは、無防備に、体全体に周波数を浴びるように聞くのがベスト。

寝る前にかけっぱなしでOK!意識は眠っていても体には十分効いています。

お風呂の中でもOk!

 

波動が変わると人生が変わる!!!

確かに!!!