2017/07

食前の祈りの言葉 五観の偈

主に禅宗で食前に唱えられる偈文(仏の功徳を褒めたたえる詩句)

 

一には功の多少を計り彼の来処を計る。

この食事が、どれだけ多くの人の労働によって支えられ、また、

どのような場所から食材が届けられたのかをよく考え、大地、海、空、

多くの人々に感謝していただきます。

 

二には己が徳行の全闕(ぜんけつ)を忖(はか)って供(く)に応ず。

この食事を頂くにあたり、日ごろの行いがこの食事を頂くに値するかどうか

反省して頂きます。

 

三には心を防ぎ過を離るることは貪等を宗とす。

心を正しく保ち、誤った行いを避けるために、「貪・瞋・痴」貪りの心、

怒りの心、偏見や差別を生む愚かさの心を起こさないようにします。

 

四には正に良薬を事とするは形枯(ぎょうこ)を療ぜんが為なり。

食とは良薬であり、体を養い、正しい健康を得るために頂きます。

 

五には成道の為の故に、今此の食(じき)を受く。

お釈迦様が説かれた教えを常に心において、そして仏様に近づける

ように心に誓って、今、食事を頂きます。

 

命の源である食事は、全宇宙、太陽、大地、海が育て、

多くの人の手によって届けられたもの。

この五観の偈の言葉の中に、感謝の思いを込めて祈りたいと思います。

瞑想呼吸 心も体も15歳若返る

著者 原久子

 

心身が健康になるための瞑想法や呼吸法の本は、

数多く出版されていますが

イマイチ、効果があがらない方必見です。

呼吸法によって病気までも治ってしまう真髄の

呼吸法まで書いてあります。

 

瞑想呼吸法の生理面と肉体面での効果

1.多量の酸素を体内に取り込むことによって活性酸素が消えて疲労がとれて若返る

2.十分な酸素を取入れることができインスピレーションを受けやすく直感が働く

3.腸のぜん動運動が活性化され腹部の贅肉がとれ痩せる

4.血行がよくなり冷え性が改善される

5.副交感神経が活性化され心と体がリラックスする

6.血圧を下げ、動脈硬化の進行を抑制し、若返る

7.メタボリックシンドロームが解消される

8.味覚が正常になり、良い食習慣が身に付き、痩せたり病気が治る等健康になる

9.真我からメッセージを受け取りやすくなる

10.悩みが解消し心が穏やかになる

 

基本の丹田呼吸法から様々な瞑想呼吸法を紹介しています。

朝日を取入れる太陽呼吸法

感謝の呼吸法

希望実現呼吸法

ダイエット呼吸法

自己ヒーリング呼吸法

 

お釈迦様がおっしゃっているそうです。

「正しい呼吸こそ悟りへの道」