ヒプノセラピーとは

ヒプノセラピーとは「催眠療法」のことです。

「催眠」とは、ギリシャ語の「hypnos(眠る)」に由来します。

そのため、催眠とは、眠っている状態と勘違いされ易いのですが、実際は眠っているわけではなく、心身共にリラックスして、集中力が高くイメージが湧きやすい状態のことをいいます。

心身のリラックス状態から、イマジネーションを通して、潜在意識にアクセスして自分の持っている能力を引き出し気付きを与えます。

自分の奥深い潜在意識(魂)からのメッセージを、顕在意識に浮かび上がらせて、トラウマになっていたり、ストレスになっていたりする原因を探っていくことがヒプノセラピーです。

自分の意識のないところで、何かを言わされたり、何かを吹き込まれることはありません。
周りで何が起こっているかもわかります。

言いたくない事や、やりたくない事を無理やり言わされたり、やらされることはありません。

ヒプノセラピーでできること

潜在意識を探っていくことで、自分の考え方の癖や行動のパターンに気付きます。

自分を守る為に、多くのことを見ないように、感じないようにしてきた事に気付きます。

心の奥底に懲り固まったマイナスの感情があった事に実感を通して気付きます。

実感を通りして気付くとそのマイナス感情がプラス感情へと変化します。

心が大きく広がりとても自由になれます。

こころが広がると、ありのままの自分が顔を出し、本来の自分はどのようになりたいか、
どうしたいかが分かってきます。

これらがわかると、自己嫌悪(自己否定)や罪悪感から抜け出せます。

なりたい自分になることができるのです。

ヒプノセラピーと他のセラピーとの治癒率の比較

アメリカンヘルスマガジンに掲載されていた、精神疾患の方への
ヒプノセラピーと他のセラピーとの治癒率の比較です。

セラピー名        セッション数   治癒率

精神分析法(Psychoanalysis)   600回    38%

行動療法(Behavior therapy)   22回    72%

催眠療法(Hypnotherapy)    6回    93%

以上の結果からも、健在意識においてのセラピーよりも、潜在意識に直接働きかける
ヒプノセラピーの効果の高さがわかります。


  カレンダーを大きいサイズで見る