映画『人生フルーツ』

映画「人生フルーツ」

監督 伏原健之 制作·配給 東海テレビ放送

 

建築家 津端修一さん90歳、奥様の英子さん87歳

自然と共生した生き方を描いたドキュメンタリー映画。

 

むかし、ある建築家がいいました。

家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。

 

高度成長期に日本住宅公団で都市計画に携わってきた修一さん。

自然と共生したニュータウンを目指すが、経済優先の時代はそれを許さず、

理想とかけ離れた現実になっていった。

 

あれから50年、現在、雑木林に囲まれた平屋の一軒家に

天井高の30畳のワンルームにご夫婦は生活している。

70種類の野菜と50種類の果物を育て、ほぼ自給自足の生活。

植物名のプレートに愛情こもった言葉が並ぶ。

ケーキやジャム、スープはもちろん、ベーコンまで自分で作り、

障子を張り替え、機織りをする。

「何度も繰り返し行うことで、見えてくるものがある」と英子さん。

 

風が吹けば、枯れ葉が落ちる。

枯れ葉が落ちれば、土地が肥える。

土地が肥えれば、果実が実る。

こつこつ、ゆっくり。

人生、フルーツ。

 

日々の生活をゆっくりと丁寧に生きる。

豊かさってこういうこと?

今を生きるってこういうこと?

観る人によって感想は違うかもしれませんが、ほっこりと小さな幸福感とともに涙も流れ落ちる。

そんな映画になってます。

 

渋谷アップリンクにて上映中!!