『ゆるしのステップ』

ゆるしのステップ

著者 ジャン・モンブルケット 訳 浅岡夢二

 

なぜゆるすことが大切なのか?

相手から与えられた痛みをいつまでも思い出し続ける

恨みをいだき続ける

過去に縛り付けられる

復習する

 

自分自身に対する思いやり

私は次のような自分をゆるします・・・・

高嶺の花や手の届かない星を求め続けた自分。

ガラスのようにもろい自分。

自分の苦しみを恥じる自分。

不幸のさなかにあって自分を責める自分。

いつも完璧を求めてしまう自分。

自分を責める人に迎合してしまう自分。

ハートの外に出てしまった自分。

自分を傷つけ、そして自己嫌悪に陥る自分。

将来を見通せなかった自分。

自分を激しく憎んだ自分。

他の人たちをゆるすことができなかった自分。

そう、私は、自分が限界を持った人間であることをゆるします。