『体の』痛み・不調が消える!「呼吸」力学

著者 井本整体主宰 医学博士 井本邦昭

 

呼吸とは「息る(いきる)」こと。

 体の痛みや発熱、疲労など、出ている症状に併せて治療するだけでは、

こうした不調は治りません。

不調の根本原因を見つけだして、そこへ働き掛けない限り、

いくら治療を施しても完治するわけがないのです。

本来、人間の体には、自然治癒力が備わっています。

疲労はもちろん、ちょっとしたケガでも自然治癒力がきちんと働けば、

十分回復できるのです。

そのために必要なのは、体に備わった治癒力を今以上に活性化させて、

根本原因の部位へと働きかけること。

体を内部から変えて回復できる環境をつくり出すことが重要です。

その環境とは、回復に必要な酸素と栄養が十分に供給される状態。

つまり特定の部位へ確実に酸素が行き届く呼吸をすることが大切なのです。

それさえできれば、硬直した部位がほぐれ、ゆるんだ部位はよみがえり、

回復へと向かうはずです。

両手を広げて大きく息を吸い込む深呼吸。

これ深呼吸でさえも、手足の指1本1本にまで酸素が行き渡る呼吸とは言えません。

立って行う深い呼吸

座って行う深い呼吸

部位別の痛みが消える呼吸法

慢性疲労、冷えやイライラなどの不調が消える呼吸法

等が図解入り(カラー)で紹介しています。

日々の生活の中にこの呼吸法を取り入れ、

ストレス知らず不調知らずの体で過ごしましょう。CIMG1252