『守られていることを意識する』

人は皆、ひとりで生きています。

確かにひとりなのですが、

あなたが生きる姿は全部仏様が見ていてくれる。

いいところも、ダメなところも仏様はみていてくれる。

そう信じて前を向く事です。

無条件で自分を守ってくれる存在があるというのは

どんなときでも心強いものです。

それが見えないものであっても

その存在を強く信じることで

心の底からじわじわと大きな力が湧いてくる。

人というのは、そういう生き物だと思います。

自分との約束だけでは心許ないから、

仏様との約束を交わす。

そうすれば、信じる力は何十倍にもなるのです。

 

『禅シンプル生活のすすめ』より

仏様を信じることは、自分を信じることだと私は思っています。

何か悩んだり迷った時、私は、くよくよ考えることをやめて

今、自分にできることを精一杯やって、

運を天に任せてジタバタしなようにしています。

そうすると、心が落ち着くんですよね。