日記

窓を開けてみましょう。

何かに行き詰った時、

どうしていいのかわからない時、

お部屋の窓を開けてみましょう。

ただ窓を開けるだけで

光がおのずと差し込んできます。

感じてみましょう。

オーラを広げるエクササイズ

昨年は、日常のお仕事に、セラピーや整体講座、経理のお手伝い、マンションの理事会、

年老いた両親のお手伝のための帰省など

ほとんど休日もなく頑張ってきました。

それなりに充実した日々を送ることができましたが、年末年始には、ドッと緊張の糸が切れて

寝込んでしまいました。

自分なりにおうち整体で学んだことを実践したおかげで体調は良くなってきました。

 

体調が優れないとき、気力がわかないときの

気力アップのオーラを広げるエクササイズをご紹介します。

①両足を肩幅に開いて立つ

②頭の上に両腕を伸ばし手のひらを向き合わせる

③手のひらをゆっくり近づけたり、離したりしながらエネルギーの流れを感じる

④頭上から白く輝く光が体全体に降りてくるイメージをする

⑤両腕を伸ばしながらゆっくりと下してオーラを広げるイメージをもち

「愛と光が私のなかに入ってきます。

私のオーラの中には、ポジティブなものだけが入ってきます。

私は、すべてを客観的に観察します。」

とアファメーションを言う

⑥両手がももに触れるまで下していきます。

白く輝くオーラが体全体に広がります。

ゆっくり体全体に行き渡るように呼吸をしながら行いましょう。

心も体もゆったりしてきますよ。

禅語にこんな言葉があります。

『八風吹けども動ぜず』

 

八つの風って何?

利益

衰退

陰口

名誉

賞賛

悪口

人は生きていると、さまざまな困難、苦難、厄難に出会います。

そして、他人の言葉によっていつも心を揺さぶられてしまうものです。

そのときどきにそれぞれの風がふいているだけのこと。

どの風も自然に受け止めたらいいのです。

自然に受け止める、ということは、真摯にその状況と向き合うこと。

真摯に向き合うためには、目を外側の「誰か」に向けるのではなく

内側の「自分の心」に向けること。

その感じている感情を引きずらないこと、揺れた心が元の座標軸、

心の中心点に戻ること。

 

2018年は、ゆったりと構えて動じない自分になることを目標にしたいと思っています。

本年もよろしくお願い申し上げます。

写仏(謝仏)会に久しぶりで参加することができました。

今回は、赤坂の豊川稲荷東京別院で行われました。

 

講師は、千手えりこさん。

 

まず、手をよく洗い、塗香を手にすり合わせる。

輪袈裟を首にかけます。

ご本尊様に合掌し、三度礼拝。

開教偈、懺悔文、四弘誓願文の読経。

 

硯に右回り、左回りに交互に墨を磨る。

瞑想筆で半紙に仏様のお姿を写していきます。

まずは、筆慣らしで下の台座から、描いていきます。

少し擦れたり太くなったり細くなったり。

最後に目と白毫(びゃくごう)を描きます。

住職様から法話を頂き、延命十句観音経、謝仏観念文を唱え終了。

 

謝仏は、まさに、御仏と向き合い、自分と向き合うことで、

生かされている命が「今ここ」、この「時間」に在ることに氣がつくと

自然と感謝が溢れてきます。

幸せだから感謝するのではない、感謝するから幸せになる。

と千手えりこさんはおっしゃいます。

 

静かな空間でゆったりとひたすら集中して写していきます。

何も考えず、無になってただひたすら筆を動かします。

出来上がった作品は、自分の内面を現す。という。

心が静まり、穏やかな気持ちになれて、日ごろの垢が

浄化されたようなひと時でした。

 

今年の、豊川稲荷の謝仏会は終了で、次回は来年の3月以降になるそうです。

日本おうち整体協会のおうち整体インストラクターの認定を頂きました。

 

おうち整体とは、

薬を使わずに家族の体調不調を施術と気功によって回復させるおうちでできる自然療法です。

 

おうち整体でお伝えできることは、

気の使い方、施術の仕方の他に仏教心理学をお伝えし、

心気体=三位一体で学ぶことの大切さをお伝えいたします。

仏教心理学は、生きている人が幸せになる教えです。

この世の道理を学びます。

 

私は、夫も子供もおりませんが、私の周りの友人知人が幸せになる

お手伝いができたら私も、幸せです。

皆様、どうぞよろしく願いいたします。

 

 

自分を好きになる方法

 

昨年から、心の勉強会に参加しています。

心の勉強会とは、仏教の学びです。

仏教って宗教?って思われる方も多いと思いますが、

教祖様がいて、その方の教えを守りなさい。というようなものではありません。

 

仏教の教えは、

「生きている人が幸せになるための実践の教え」なんです。

仏教は、方便の教えです。

生き方のヒントは教えてくれますが、答えは教えてくれない。

自分が行動して経験していくことで、幸せになれることを教えてくれます。

道理を知ることで、縛られているもの(執着)から解放され幸せになると

教えてくれます。

 

以前、心の勉強で「自分を好きになる方法」ということを教えて頂きました。

それは、

人の見ていないところで善いことを行う。というものです。

例えば、落ちているゴミを拾うことや掃除をすることを誰も見ていないところで

行う。そして、ごみを拾ったこと、掃除をしたことを誰にも言わない。

誰にも見られていないので、誰にも褒められることもない。

それでもひたすら、善行を続けること。

 

昔の人は言いました。

お天道様が見ているよ!と

天を信じることは、自分を信じること。

 

日々の生活の中で「自分を好きになる行動」(善行)を選択し、自ら善に触れ続ける事。

 

 

少しづつ、少しづつ、感謝と愛をもって!

 

 

松井式 気功美容ヘッドセラピスト認定を頂きました。

「気功美容マスター(小顔)の認定に引き続き「気功美容ヘッドセラピスト」

の認定も頂きました。

 

松井式気功美容ってなあに?

気功を使った整体のことです。

体液の流れだけでなく気の流れも正常な状態に戻していきます。

通常のもみほぐしだけでなく、気功を使って体全体にアプローチしていきますので、

揉み返しの痛みなどはありません

幼児からお年寄りまで安心して受けられます。

 

上半身の施術(首、肩、背中、胸部)+フェイス(小顔)

上半身の施術(首、肩、背中、胸部)+ヘッド(頭、首)

松井式整体施術は「手技」と「気功」で筋肉をほぐすだけでなく、

リンパや血流の流れも改善していきます。

 

今後、ホームページを立ち上げ、施術を徐々に開始していく予定です。

ご期待ください。

(~10月迄)ヒプノセラピーを受けにいらっしゃるお客様で、

施術希望のお客様には無料で施術いたします。

松井式気功美容マスターの認定を頂きました。

 

気功美容マスターって何かというと

凝り固まった筋肉をもみほぐし、リンパや血液の流れを改善し上半身及小顔矯正

などを行います。

通常のもみほぐしだけでなく、気功を使って体全体にアプローチしていきますので、

揉み返しの痛みなどはありません。

 

次に、ヘッドセラピーの講座を受ける予定です。

ヘッドセラピーの認定後、ホームページを立ち上げ、施術を徐々に開始していく予定です。

ご期待ください。

(~10月迄)ヒプノセラピーを受けにいらっしゃるお客様で、

施術希望のお客様には無料で施術いたします。

 

 

 

 

 

ある兵士の詩

アメリカの南北戦争のある兵士が謳った詩だそうです。感動します。

 

大きなことを成し遂げるために 強さを与えてほしいと神に求めたのに

謙遜を学ぶように 弱さを授かった

偉大なことができるようにと 健康を求めたのに

よりよきことをするようにと 病気を賜った

幸せになろうとして 富を求めたのに

賢明であるようにと 貧困を授かった

世の人々の称賛を得ようとして 力と成功を求めたのに

得意にならないようにと 失敗を授かった

人生を楽しむために あらゆるものを求めたのに

あらゆるものを慈しむために 生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが

願いはすべて 聞き届けられた 私はもっとも豊かに祝福されたのだ

 

「祈り~サムシンググレートとの対話~」の映画の中で、白鳥監督が最後に朗読する詩です。

食前の祈りの言葉 五観の偈

主に禅宗で食前に唱えられる偈文(仏の功徳を褒めたたえる詩句)

 

一には功の多少を計り彼の来処を計る。

この食事が、どれだけ多くの人の労働によって支えられ、また、

どのような場所から食材が届けられたのかをよく考え、大地、海、空、

多くの人々に感謝していただきます。

 

二には己が徳行の全闕(ぜんけつ)を忖(はか)って供(く)に応ず。

この食事を頂くにあたり、日ごろの行いがこの食事を頂くに値するかどうか

反省して頂きます。

 

三には心を防ぎ過を離るることは貪等を宗とす。

心を正しく保ち、誤った行いを避けるために、「貪・瞋・痴」貪りの心、

怒りの心、偏見や差別を生む愚かさの心を起こさないようにします。

 

四には正に良薬を事とするは形枯(ぎょうこ)を療ぜんが為なり。

食とは良薬であり、体を養い、正しい健康を得るために頂きます。

 

五には成道の為の故に、今此の食(じき)を受く。

お釈迦様が説かれた教えを常に心において、そして仏様に近づける

ように心に誓って、今、食事を頂きます。

 

命の源である食事は、全宇宙、太陽、大地、海が育て、

多くの人の手によって届けられたもの。

この五観の偈の言葉の中に、感謝の思いを込めて祈りたいと思います。