映画

映画「人生フルーツ」

監督 伏原健之 制作·配給 東海テレビ放送

 

建築家 津端修一さん90歳、奥様の英子さん87歳

自然と共生した生き方を描いたドキュメンタリー映画。

 

むかし、ある建築家がいいました。

家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。

 

高度成長期に日本住宅公団で都市計画に携わってきた修一さん。

自然と共生したニュータウンを目指すが、経済優先の時代はそれを許さず、

理想とかけ離れた現実になっていった。

 

あれから50年、現在、雑木林に囲まれた平屋の一軒家に

天井高の30畳のワンルームにご夫婦は生活している。

70種類の野菜と50種類の果物を育て、ほぼ自給自足の生活。

植物名のプレートに愛情こもった言葉が並ぶ。

ケーキやジャム、スープはもちろん、ベーコンまで自分で作り、

障子を張り替え、機織りをする。

「何度も繰り返し行うことで、見えてくるものがある」と英子さん。

 

風が吹けば、枯れ葉が落ちる。

枯れ葉が落ちれば、土地が肥える。

土地が肥えれば、果実が実る。

こつこつ、ゆっくり。

人生、フルーツ。

 

日々の生活をゆっくりと丁寧に生きる。

豊かさってこういうこと?

今を生きるってこういうこと?

観る人によって感想は違うかもしれませんが、ほっこりと小さな幸福感とともに涙も流れ落ちる。

そんな映画になってます。

 

渋谷アップリンクにて上映中!!

ある兵士の詩

アメリカの南北戦争のある兵士が謳った詩だそうです。感動します。

 

大きなことを成し遂げるために 強さを与えてほしいと神に求めたのに

謙遜を学ぶように 弱さを授かった

偉大なことができるようにと 健康を求めたのに

よりよきことをするようにと 病気を賜った

幸せになろうとして 富を求めたのに

賢明であるようにと 貧困を授かった

世の人々の称賛を得ようとして 力と成功を求めたのに

得意にならないようにと 失敗を授かった

人生を楽しむために あらゆるものを求めたのに

あらゆるものを慈しむために 生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが

願いはすべて 聞き届けられた 私はもっとも豊かに祝福されたのだ

 

「祈り~サムシンググレートとの対話~」の映画の中で、白鳥監督が最後に朗読する詩です。

「かみさまとのやくそく」ニューバージョンを渋谷アップリンクで観てきました。

 

製作・撮影・編集・監督 荻久保則男

胎内記憶研究の第一人者で産婦人科医池川クリニック院長 池川明先生、

過去世記憶や臨床体験の研究者で中部大学の大門正幸教授、過去生の記憶を

もつ子供たちのインタービューを中心に制作されたドキュメンタリー映画です。

子供は、お母さんお父さんを選んで生まれてくる。

おかあさんの胎内に入ってくる前、宇宙でかみさまとやくそくして、

どの人をお母さんにするか自分で決めて生まれてくる。子供は、何でも知っていて、

胎内に居るときから、周りで起こっていることを理解し感じていて、臍の緒を通して外を見ている。

人は何のために生まれてきたのか、「人の役に立つため」と全ての子供が答えるという。

誰のために役に立つのか、最初は、両親、特にお母さんの役に立つため。

自分が生まれてお母さんがうれしいと、自分もうれしい。

妊娠中に、子供にたくさん話しかけて、お母さんが穏やかでいると、お産が楽になるという。

 

子供が生まれた後も、一人の人間として、別人格として、尊重し、

十分に心に寄り添うことが必要で、問題行動のある子に対して、

この子に問題があると思うことが問題、ほとんどが、子供の問題ではなく母親の問題。

この子は、これでいいのだと認めてあげることが大切。

この映画を観ると親との関係、子供との関係を改めて考えさせられます。

親や子、自分をいとおしい存在に思えてきます。

子育て中のお母さん、お父さんはもちろんですが、そのほかたくさんの方に観ていただきたい映画です。

 

上映後、荻久保監督と宇宙メッセンジャーの眞田志帆さんのトークショーもありました。

宇宙メッセンジャーの志帆さんは、あの世の記憶を持った方です。

(志帆さんは、便宜上、あの世この世と言ってますが、あの世もこの世もないっておしゃっていましたが。)

人間の魂は、ひかりの海から地球に

大筋の人生プランを自分で立て様々な経験を積みにやってくる。

他の星の経験の数(幅)は少ないけれど地球は、無数の経験の数(幅)が多くあるので

自分の好きなことを選ぶことができる。

とても幸せなことだとおしゃっていました。

 

この映画は、現在渋谷アップリンクで公開中です。(3/26迄)

その他、各地で自主上映会が行われていますので、下記をご参照ください。

http://norio-ogikubo.info/

映画「人生フルーツ」

監督 伏原健之 制作·配給 東海テレビ放送

 

建築家 津端修一さん90歳、奥様の英子さん87歳

自然と共生した生き方を描いたドキュメンタリー映画。

 

むかし、ある建築家がいいました。

家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。

 

高度成長期に日本住宅公団で都市計画に携わってきた修一さん。

自然と共生したニュータウンを目指すが、経済優先の時代はそれを許さず、

理想とかけ離れた現実になっていった。

 

あれから50年、現在、雑木林に囲まれた平屋の一軒家に

天井高の30畳のワンルームにご夫婦は生活している。

70種類の野菜と50種類の果物を育て、ほぼ自給自足の生活。

植物名のプレートに愛情こもった言葉が並ぶ。

ケーキやジャム、スープはもちろん、ベーコンまで自分で作り、

障子を張り替え、機織りをする。

「何度も繰り返し行うことで、見えてくるものがある」と英子さん。

 

風が吹けば、枯れ葉が落ちる。

枯れ葉が落ちれば、土地が肥える。

土地が肥えれば、果実が実る。

こつこつ、ゆっくり。

人生、フルーツ。

 

日々の生活をゆっくりと丁寧に生きる。

豊かさってこういうこと?

今を生きるってこういうこと?

観る人によって感想は違うかもしれませんが、ほっこりと小さな幸福感とともに涙も流れ落ちる。

そんな映画になってます。

 

東中野ポレポレにて上映中!!

かなりの混雑が予想されますので、すべて自由席で、予約はできませんので、

早目にチケットの購入をお勧めします。

映画「O(ゼロ」円キッチン」

監督 脚本 ダーヴィッド・グロス

 

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されてしまう。

捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させるために

監督のダービットがヨーロッパ5カ国(オーストリア、ドイツ、ベルギー、オランダ、フランス)を

回る旅に出るロードムービー。

 

食堂から車の燃料となる廃油を調達

スーパーで廃棄食材をゴミ箱から調達

町の中に自生する果物を調達

農家で規格外で市場にだせない食材を調達

一般家庭の冷蔵庫の賞味期限切れ食材を調達

海に捨てられる混獲魚を調達

 

これらの廃棄食材を使って町の中や議会食堂等でサルベージパーティを行う。

 

廃棄食材が、おいしい料理に変身していく姿に感動を覚えます。

どれだけの食材を自分が無駄にしているのか、意識を変えなくては!!

食材の廃棄は、命を無駄にしているということを深く心に刻む必要がありますね。

 

フードサルベージ代表でフードプロデューサーの平井巧氏による

トークショーもありました。

サルベージとは、「救い出す」という意味。

平井さんは、さまざまな職種の方を集め、持て余した食材を持ち寄り(救い出し)

美味しい料理に変身させるサルベージパーティーを行っているそうです。

こんな取り組みをしている人がいるのだ。

様々な「困った」から、大きな可能性が生まれる。

こんな素敵なで楽しいパーティがあるなんて知りませんでした。

是非一度参加してみたいなあと思ってます。

 

「0円キッチン」は、渋谷アップリンクで公開中!

映画 『まなざし』

監督 卜部敦史

 

中年の介護職員の娘が、犯罪を犯して出所してきた父親の介護をする中での

心の葛藤を描いている。

 

この映画には、ほとんど会話、言葉がない。

しかしながら、父を憎みながら、疲弊していく娘を根岸季依が演じている。

この映画の中では、家族を崩壊させ、犯罪を犯した父親の介護が、

話の中心ではあるが、日々の介護生活で誰でもが、同じような気持ちの

変化があるのではないかと思う。

ラストシーンのワンシーンでどんな感想をもつのか?は、人それぞれかも知れない。

 

言葉を尽くすより、一度観てもらいたい。

渋谷アップリンクで公開中!CIMG1379

『シュガーブルース』家族で砂糖をやめたわけ

監督 アンドレア·ツルコヴァー

シュガーブルースとは、砂糖中毒のことで、

甘いものの食べ過ぎによって中毒症状や心身の不調が引き起こされる事。

世界の成人のほぼ11人に1人が糖尿病であると推定され、 新生児の7人に

1人が妊娠糖尿病の影響を受けていると報告されている。

 

チェコ共和国の映画監督アンドレア·ツルコヴァー自身が妊娠糖尿病であることを告げられる。

砂糖は、そんなに身体に悪いのか?砂糖の秘密と真実に迫るドキュメンタリー映画。

キッチンから砂糖を排除することから始まり、科学者や医師、砂糖業界者に取材、

啓蒙活動を始める。

少しやりすぎな面もあるが、砂糖が身体や脳や心にも影響する事実が語られています。

 

砂糖は、麻薬のように依存性があり、やめたくてもなかなか止められない。

砂糖の取りすぎは、血糖値の乱高下を繰り返し2型糖尿病を作り出す。

砂糖はADHDや統合失調症、アルツハイマーなど、様々な脳疾患のリスクをもたらす。

砂糖だけではなく、炭水化物やジャンクフード、加工食品に糖が含まれ、

そのうえ添加物のオンパレード。

 

体の不調、心の不調は、食べ物からです。気が付いている人から徐々に

生活を変えていきましょう。健康診断を受けるより日々の生活習慣が大事。

当たり前のように飲んでいる、飲み物を変えることから始めましょう。CIMG1389

 

現在、渋谷アップリンクで上映中!

Buddhist 今を生きようとする人たち

監督 後藤サヤカ

 

住吉のブルーオーシャンカフェにて

「Buddhist 今を生きようとする人たち」の上映会および監督との

トークショー、交流会に行ってきました。

(30名ほどの参加者でしたが、関西からのご参加の方も数名いらっしゃいました)

 

日本全国にお寺は、75,000もあるのに私たちは仏教を知らない。

ドイツ出身のネルケさんは、高校時代に座禅を経験した後に、安泰寺の住職になり、

日々、自給自足の生活と座禅修行をしている。

その他に5人の僧侶が新しい仏教の在り方や

お寺での様々な活動を紹介したドキュメンタリー映画になっています。

 

この映画を通して思うこと

頭で生きるより五感で生きることの大切さ。

今「ここにある」ことの大切さ。

今を「味わうこと」の喜び。

日々の生活自体が修行。

いかに自分が日々「雑」に生活しているか。

日々を「丁寧」に生きたいと思いました。

 

江戸時代のはじめ、檀家と菩提寺が地域の中心的な役割を持っていた。

日本人は家という単位をもとに半ば強制的に、地域の寺院に帰属し、

子供が生まれた時、家族が亡くなった時お寺に届けた。

現代は、菩提寺を持たなくなった家が増え、先祖代々からのお寺との繋がりも

薄くなり、お寺がどのような意味を持っているのか知らない人が多い。

家族や親類縁者が亡くなった時のお葬式や法要以外の役割を知らない。

最近の私は、座禅会や写経などに興味を持ったせいかもしれませんが

このような会を開催しているお寺さんも増えてきているような気がします。

ネットで調べてみるとたくさん出てきます。

お寺の敷居も低くなっていますので、一度参加してみてはいかがでしょうか?

 

「Buddhist 今を生きようとする人たち」

新しい自分に出会うきっかけになる映画です。

2度3度観たくなる映画です。

自主上映会も開催されてます。

自主映画会の申し込みをしています。下記をご覧ください。CIMG1375

http://buddhist-movie.com/

映画 村上和雄ドキュメント 「SWITCH」5周年記念上映会DSC_0631

 

村上和雄先生の笑いと遺伝子の関係、遺伝子がスイッチオンを体験した人たちの

感動のドキュメンタリー映画の上映会

バイオテクノロジーの世界的権威 村上先生は「眠っている遺伝子のスイッチをオンに」すれば人間の可能性は無限大だ」といいます。

では、遺伝子をどのようにして遺伝子をオンにするか?

JR福知山線の列車事故で、九死に一生を得た、鈴木順子さんとそのお母さまとご家族や

「宇宙に感謝の量を増やす映画を作る」というミッションを実現した

映画「1/4の奇跡」監督の入江富美子さんの物語。

 

上映会の後、堤江実さんの詩の朗読、佃良次郎さんのピアノ演奏、

村上和雄先生、鈴木順子さんのお母さま、入江監督のお話もあり、

もりだくさんの内容の上映会でした。

映画の企画構成監督の鈴木七沖さん

今後の映画の製作にも期待したいです。DSC_0638 DSC_0642

LISTEN

監督・撮影・制作 牧原依里 雫境(DAKEI)

聾者の音楽を視覚的に表現したアート・ドキュメンタリー映画DSC_0614

 

耳の聞こえない聾者(ろう者)が視覚的に音楽空間を奏でる。

この映画には、最初から最後まで音がない。

音声も楽器も使わない。

魂からの感情を身体と手話で表現していく。

この映画を観ていると、本当にみんが聞こえていないの

だろうか、と不思議になるくらいテンポよくリズムを刻んでいく

そのリズムに合わせて舞っている感じがする。

 

聾者の方々は、音楽が嫌いな人が多いという。

聾学校の音楽の授業では、無理に声を出す練習をさせられる。

それが苦痛で音楽が嫌いになった。

音楽の授業で声を出す練習よりも、和太鼓や弦楽器を

取り入れてくれていたら、音楽に対する思いが

違っていた、と話していた聾者の方のお話が印象に残った。

 

このLISTENは、渋谷アップリンクで上映中!

これから全国で上映予定があるようです。

今後の予定は公式HPから!

http://www.uplink.co.jp/listen/